ニュースNEWS
プレスリリース

コミットメントライン契約の締結に関するお知らせ

【2015年12月10日】

プレミアファイナンシャルサービス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:柴田洋一、以下「PFS」)は、株式会社あおぞら銀行(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:馬場信輔、以下「あおぞら銀行」)をアレンジャーとし、あおぞら銀行、株式会社東京スター銀行等6行参加によるシンジケート方式(*1)にて、総額30億円のコミットメントライン契約を締結しましたのでお知らせいたします。

1.本件の概要
PFSが加盟店へ立替払いを行う資金について、あおぞら銀行をアレンジャー兼エージェントとして6行の金融機関がコミットメントライン契約に基づいて融資を実行する内容となります。
コミットメントライン契約とは、PFSとあおぞら銀行が予め契約した期間・融資枠の範囲内で、PFSの請求に基づき、融資を実行することを約束(コミット)する契約です。
%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b32

2.目的
本コミットメントラインの設定により、効率的かつ機動的な資金調達が可能となります。
円滑な資金調達を行うことで経営の更なる安定化を図り、強固な財務基盤のもとPFSの今後の事業拡大の推進を行うことを目的としています。

3.本件実行に至った背景
PFSは、日本国内においてオートクレジットやワランティ(自動車保証)を全国の自動車販売店を中心とした約29,000店(2015年11月末現在)の加盟店網に提供しております。事業開始以来順調に取引を拡大してきました結果、2015年11月末現在でのクレジット債権残高は1,386億円、累計取扱高は3,524億円となりました。今後も引き続き事業拡大を行うにあたり必要な資金調達の検討を行う中で、本件の合意に至りました。

4.コミットメント契約期間
2015年12月15日~2016年12月15日

(*1)シンジケート方式とは、コミットメントライン契約の締結方法のひとつです。アレンジャーである金融機関を中心に、複数の金融機関とひとつの契約書に基づき同一条件でコミットメントライン契約を締結するものであり、PFSとしては、効率的かつ機動的な資金調達を可能とするメリットがあります。

【あおぞら銀行の概要(2015年12月10日現在)】
(1)名称 株式会社あおぞら銀行
(2)所在地 東京都千代田区九段南1-3-1
(3)代表者の役職・氏名  代表取締役社長 馬場 信輔
(4)設立 1957年4月
(5)資本金 1,000億円
(6)業務内容 銀行業

【PFSの概要(2015年12月10日現在)】
(1)名称 プレミアファイナンシャルサービス株式会社
(2)所在地 東京都港区六本木1-9-9六本木ファーストビル17階
(3)代表者の役職・氏名  代表取締役社長 柴田 洋一
(4)設立 2007年7月
(5)資本金 15億15百万円
(6)業務内容 オートクレジットを中心としたファイナンス事業、
ワランティ(自動車保証)事業、各種サービスの企画及び提供

以上

***********************************
本件に関するお問い合わせ先 :
プレミアファイナンシャルサービス株式会社
コーポレート部 広報・人財開発チーム 担当:阪脇 TEL:03-5114-5720

※PDFはこちらからご確認ください。

最新記事

PAGE TOP